個人情報に関する公表文 | 株式会社シーケンス

シーケンス_TOP画像2.jpg

個人情報に関する公表文

■個人情報の取扱いについて

1.当社が取り扱う個人情報の利用目的

分類
利用目的
(1)商談やお打合せなどにより取得する個人情報
当社各事業に係る連絡、協力、交渉、契約履行等のため
当社の製品販売及びサービス提供のため
(2)弊社ホームぺ-ジからお問い合わせいただいた方の情報
お問い合わせに回答するため
(3)当社従業員情報
社員の人事労務管理、業務管理、健康管理、セキュリティ管理、適正検査を実施するため
(4)採用応募者情報
採用選考のため
入社前手続き実施とその他の手続きに関する連絡のため
入社後の人事データ管理を行うため
(5)特定個人情報
番号利用法に定められた利用目的のため
(6)協力会社の技術者情報
技術者の紹介のため
(7)業務の受託に伴い、お客様からお預かりする個人情報
委託された当該業務を適切に遂行するため


■保有個人データに関する事項の周知

当社で保有している保有個人データ又は第三者提供記録に関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下、「開示等の請求」といいます)につきましては、以下の要領にて対応させていただきます。

a)事業者の名称
     株式会社シーケンス
     〒160-0022東京都新宿区新宿三丁目2番7号
     代表取締役  篠原 康行
b)個人情報の保護管理者
     管理者名: 板垣 孝司
     所属部署:管理部
     連絡先:メールアドレス:itagaki@e-sqc.co.jp  TEL:03-5369-2708
c)全ての保有個人データの利用目的
  上記「1.当社が取り扱う個人情報の利用目的」の(1) ~ (6) を参照ください。

d)保有個人データの取扱いに関する苦情の申し出先
     株式会社シーケンス  個人情報問合せ窓口
     〒160-0022 東京都新宿区新宿3-2-7 PLAZA EST新宿三丁目7階
     株式会社シーケンス 管理部 個人情報問合せ係
     メールアドレス:privacy@e-sqc.co.jp
e)認定個人情報保護団体
   【認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申出先】
     ※個人情報の取り扱いに関する苦情のみを受付けています。
       一般財団法人日本情報経済社会推進協会
       認定個人情報保護団体事務局
       〒106‐0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
       03-5860-7565 / 0120-700-779
f)保有個人データ又は第三者提供記録の開示等の求めに応じる手続き
     1)開示等の求めの申し出先
          開示等のお求めは、上記個人情報問合せ窓口にお申し出ください。
          ※電磁的手続きによる開示等をご希望の方は、その旨お申し出ください。
          原則としてご希望に沿って処理させていただきます。
     2)開示等の求めに関するお手続き
          ①お申し出受付け後、当社からご利用いただく所定の請求書様式「保有 
          個人データ開示等請求書」を郵送いたします。
          ②ご記入いただいた請求書、代理人によるお求めの場合は代理人であ
          ることを確認する書類、手数料分の郵便為替(利用目的の通知並びに
          開示の請求の場合のみ)を上記個人情報問合せ係までご郵送ください。
          ③上記請求書を受領後、ご本人確認のため、当社に登録していただい
          ている個人情報のうちご本人確認可能な2項目程度(例:電話番号と生
          年月日等)の情報をお問合せさせていただきます。
          ④回答は原則としてご本人に対して書面(封書郵送)にておこないます。
     3)代理人によるお求めの場合、代理人であることを確認する資料
          開示等をお求めになる方が代理人様である場合は、代理人である事を
          証明する資料及び代理人様ご自身を証明する資料を同封してください。
          各資料に含まれる本籍地情報は都道府県までとし、それ以降の情報は
          黒塗り等の処理をしてください。また各資料は個人番号を含まないもの
          をお送りいただくか、全桁を墨塗り等の処理をしてください。
          ①代理人である事を証明する資料
          <開示等の求めをすることにつき本人が委任した代理人様の場合>
                    本人の委任状(原本)
          <代理人様が未成年者の法定代理人の場合>いずれかの写し
                    戸籍謄本
                    住民票(続柄の記載されたもの)
                    その他法定代理権の確認ができる公的書類
          <代理人様が成年被後見人の法定代理人の場合>いずれかの写し
                    後見登記等に関する登記事項証明書
                    その他法定代理権の確認ができる公的書類
          ②代理人様ご自身を証明する資料
                    運転免許証
                    パスポート
                    健康保険の被保険者証
                    住民票
                    住民基本台帳カード
     4)利用目的の通知または開示のお求めについての手数料
                    1回のお求めにつき1000円
          (書面でのご請求の場合は、お送りいただく請求書等に郵便為替を同封
           していただきます。
           その他の方法でご請求いただく場合は、ご請求時にご相談させていただきます。)
g)保有個人データの取扱体制や講じている措置の内容
     1)基本方針の策定
          保有個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン
          等の遵守」、「質問及び苦情処理の窓口」等について「個人情報保護方針」
          を策定しています。
     2)保有個人データの取扱いに係る規律の整備
          取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、責任者・
          担当者及びその任務等について個人情報保護規程を策定しています。
     3)組織的安全管理措置
          ①保有個人データの取扱いに関する責任者を設置するとともに、保有個人
          データを取り扱う従業者及び当該従業者が取り扱う保有個人データの範
          囲を明確化し、法や取扱規程に違反している事実又は兆候を把握した場合
          の責任者への報告連絡体制を整備しています。
          ②保有個人データの取扱状況について、定期的に自己点検を実施するとと
          もに、他部署や外部の者による監査を実施しています。
     4)人的安全管理措置
          ①保有個人データの取扱いに関する留意事項について、従業者に定期的な
          研修を実施しています。
          ②保有個人データを含む秘密保持に関する誓約書の提出を全従業者から
          受けています。
     5)物理的安全管理措置
          ①保有個人データを取り扱う区域において、従業者の入退室管理及び持ち
          込む機器等の制限を行うとともに、権限を有しない者による保有個人デー
          タの閲覧を防止する措置を講じています。
          ②保有個人データを取り扱う機器、電子媒体及び書類等の盗難又は紛失等
          を防止するための措置を講じるとともに、事業所内の移動を含め、当該機
          器、電子媒体等を持ち運ぶ場合、容易に保有個人データが判明しないよう
          措置を講じています。
     6)技術的安全管理措置
          ①アクセス制御を実施して、担当者及び取り扱う個人情報データベース等
          の範囲を限定しています。
          ②保有個人データを取り扱う情報システムを外部からの不正アクセス又
          は不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入しています。

以上

個人情報に関する公表文